盗難防止について

盗難対策と聞いて、バイクや自転車の盗難から、バックや財布の盗難、最近ではスマートフォンなどの携帯機器の盗難も増えています。
年間で発生する窃盗事件の件数は日本全国で数百万件という多さで、日本の犯罪のなかで最も多い犯罪として知られています。

そしてこれは日本だけではなく、海外でも同様で、ひったくりやスリによる窃盗事件が多く発生しており、海外旅行をするときには窃盗に注意しろと日本人ならだれでも聞いた話だと思います。

しかし、ここ最近の日本の盗難事件の発生件数を見てみると、日本だから安全、日本だったら窃盗に合わないという認識は間違ったものであると言えます。

そんな盗難被害に遭わないためにはどうしたらいいのか?

盗難被害を防ぐためには、いったいどんな手口で盗難に遭うことがあるのか、そして、盗難被害の多い地域や狙われる場合の状況等を総合的に判断して対処する必要あります。
犯罪に対して防ぐ方法は、まずはどんな手段で行われるのかを知ることから始めることが必要になります。

また、海外でも注意しないと行けない窃盗の手口も紹介し、その中で日本の犯罪で使われていないかも検証することで、日本と海外の違い、そして海外に出た場合に注意する事を学びましょう。

盗難被害を防ぐための防犯対策をこのサイトでは紹介していきます。


盗難防止に警報の取り付け

盗難を防ぐなら、盗難が難しいと思われることが大事です。
盗難を行う犯人は、常に「盗難できるか」というのを考えています。そのため、少しでも犯人が盗難は難しいと思う工夫をすることで、犯人に狙われる可能性はグンと低くなります。

まずは、盗難犯のターゲットにならないようにすることです。

そこで、効果的なのは盗難犯が気づく場所に警報装置など、防犯グッズを配置すること。
既に防犯対策が取られているとわかれば、犯人も無駄なことはしませんし、車やバイクも盗難行為による傷を受ける心配も少なくなります。

車にはセキュリティアラームが装備されていて、車に何らかの異常が起こった場合、このセキュリティアラームが作動します。

駐車場などで停められている車がクラクションやビープ音と激しく鳴らしているところを見たり聞いたりしたことがある人もいるでしょう。

あのセキュリティアラームが鳴ると車に何らかの異常が発生しているとすぐに気がつきます。車を乗る人のなかには、セキュリティアラームがうっとおしいと思ったり、周囲の住民に迷惑になると心配する人もいますが、車を盗難されないようにしたいなら、セキュリティアラームは欠かせない車の機能です。


盗難被害に遭わないためには

大切な車が盗難被害に遭う可能性も十分にあります。そこで、あなたが大切にしている愛車が盗難被害に遭わないようにするには、日頃からの危機管理能力が問われるでしょう。当たり前ですが、鍵をかけ忘れたり管理を怠っていたのであれば、それだけ盗難に遭う確立も高まるので、十分に注意しておく必要性がありますよね?最近では身近な防犯アイテムもたくさんありますし、ネット社会の今ではGPS・スマホアプリを使うことで、万が一盗難被害に遭ったときでも役立つことが多いでしょう。

それでも、被害に遭わないようにするには、いかに普段から注意できているかでもあるのです。自分は大丈夫!という気持ちになってはいけませんし、盗難被害に遭えば、あなたの車が何らかの形で悪用されてしまうこともあるのです。
ですので、そうならないように管理を厳重に行いましょう。車は決して安い物ではないですし、盗まれるとすごくショックですよね?

被害に遭えばその手続きも大変なので、車を盗まれないように防犯アイテムを駆使したり、便利なグッズで愛車を守れるようにしてください。そうすれば、あなたの大切な愛車を守ることができるのではないでしょうか。日頃からのちょっとした考え方で被害を防げることもあるのです。



(C) 盗難防止ガイドブック